外壁塗装の種類や機能のセレクト

外壁の塗装はどの様な状態になったら行えばよいか、なかなか判断が分からない方もいらっしゃると思います。
外壁の塗膜は太陽光の当たる所から劣化していくのでその部分から見て行ってください。
壁の変色や艶がなくなった、粉っぽくなる(チョーキング)、やひび割れ、そしてサイディングやALCでは使われている部分の多いコーキング部の劣化が見られてきたら塗装を行う時期になっています。
外壁素材別に塗装の塗り替え時期をまとめてみると
・吹付 6~10年
・サイディング 10年
・ALC 10年
・トタン 5~8年
この年数を経過すると塗膜の耐久性は衰え、ひび割れ部からの雨漏りや壁材の腐り、トタンの錆等壁材をも劣化させてしまったりと不具合な事が多くなってきてしまいます。
またコーキング部は日当たりの良い建物では5年頃から劣化の状態が見られる事もありますが足場がなければ補修や改修工事をする事が困難な場所もあるので雨漏り等が起きている場合はコーキングの状態の時期に合わせる場合もあるでしょう。

塗装の種類や機能のセレクト

現在塗料の開発は進んでおり遮熱塗料や光触媒超親水性塗料の機能面で優れた塗料があります。
屋根に主に使われている熱を遮断する遮熱塗料や光触媒(酸化チタン)に光が当たるとカビや細菌を分解して汚れを防止したり撥水する光触媒超親水性塗料も魅力があります。
この光触媒超親水性塗料はサイディングにもあらかじめ塗装済みの商品もあります。
また一般的な塗料としては合成樹脂塗料を使う事が多いようです。
それらの耐久性は以下の通りです
・アクリル 5~6年
・ウレタン 8~10年
・シリコン 10年~12年
・フッ素  15年~20年
価格は耐用年数と比例しています。
なかなかご自分でセレクトするのは難しいですが手間が一緒のレベルの塗料であれば塗料の価格差だけの違いで工事はできるので安価な物を短いサイクルで塗るのも足場代金等の付帯工事や諸経費の事を考えると、どうだったのかと後悔しないようにしたほうが良いと思います。
また現在の状態にあった塗料選びも大切な事なので信頼のおける業者さんに頼みましょう。

外壁塗装と一緒に行う工事

外壁を塗り替えるには足場を掛ける必要があります。
そして足場がある事によって屋根、トヨ、アンテナ、窓周り、換気口、ベランダ、雨戸等の外装の点検や修理が行えます。
ベランダの床の防水塗装も家の中を出入りせずに行えますし、メンテナンスを怠っていると雨漏りの原因となるので塗り替えをしましょう。
またトヨも劣化がひどければ足場がある事によって掛け替えや塗装も全ての部分に行えます。
換気口も外から詰まったホコリやゴミを落とすとスッキリとします。
アンテナもワイヤーで貼っていますが長年を経過するとたわんでくるので貼替るなど外装周り全てを点検する事ができるので、この機会に捕集や修理工事をしてもらいましょう。
外装は外壁だけでなく雨戸や鏡板・トヨの色あせを塗り直すと艶もでて新築時のような仕上がりが感じられます。
またFIX窓(はめごろし窓)は室内から拭き掃除ができませんでしたが足場があれば掃除ができます。そして艶出し撥水剤を塗布しておくことをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました