また今日もコンビニ飯?20,000円ボーナスもらって一発勝負!⇒

【初心者の海外FXの始め方】ハイレバレッジや損切りルールで注意すべきこと

海外FXの始め方海外FXの基本知識

海外FXは少額の資金から始められることで人気があり、サラリーマンや主婦、学生など、さまざまな層の人が手軽に始められるのも魅力です。その一方、

  • そもそも海外FX業者は大丈夫なのか
  • 日本語対応はどうなのか
  • どうやって取引をはじめたらいいのか

など色々と疑問が生まれてくるものです。

しかし、海外FX業者の中には日本人向けサービスを充実させているところもあり、海外FX取引自体がはじめてでも、簡単に海外FXデビューを果たせるのです。

そこで今回は、海外FX初心者の方のために海外FXの始め方から注意すべきこと、海外FX業者の選び方を解説します。

口座開設をして海外FXを始めよう

海外FXを始めるためには、海外FX業者で口座開設を行う必要があります。

口座開設フォームに情報入力すれば数分で口座開設が完了し、すぐにでも取引を開始できます。

本人確認書類の例
  • 身分証(運転免許証・パスポートなど)
  • 住所確認書(健康保険証・住民票など)

海外FX業者は審査が厳しそうというイメージもあるようですが、実は国内FX業者ほど審査項目のないところも多く、短時間で口座開設できるところがほとんどです。

デモ口座で練習しよう

使い方のわからない海外FX業者でいきなり取引するのは腰が引けるという方は、まずデモ口座を開設して練習するのもよいでしょう。

海外FX業者の多くはデモ口座を準備していて、資金を失うことなく実際と同じ環境で取引することができるため、初めてFXをする人も練習で慣れてからスタートさせることができます。

デモトレードで結果が出るようになってから、リアル口座を開設して取引をスタートしたのでも遅くありません。

細かい値動きについては学習していく必要もありますが、取引ルールは今後の値動きを予想して注文を入れるというシンプルなものなので、初心者でも取引そのものは簡単にできます。

MT4を使って取引しよう

海外FXはMT4という取引ツールを使っているところがほとんどで、日本語サポートが充実している業者だとMT4の使い方を教えてくれているところもあります.

共通の取引ツールになるため、他のFX会社に口座を移しても同じ方法で取引できることやさまざまなチャート表示ができるテクニカル分析も使えます。

また、EAという自動売買取引プログラムをMT4に取り入れることで簡単に自動取引を行えます。

MT4はカスタマイズできるため、中級者以上のトレーダーからも人気がありますが、デフォルトでも十分に初心者が使って取引できます。

海外FX初心者はハイレバレッジに注意しよう

レバレッジの規制がない海外FXでは、ハイレバレッジのトレードに対応しています。

使えるレバレッジは業者ごとに異なりますが、中には1000倍のレバレッジで取引できる業者もあります。

レバレッジの規制がかかる国内FXだと、使える最大レバレッジは25倍です。

国内FXのレバレッジは段階的に下がってきた歴史があり、今後もさらに下がる可能性も否定できません。

レバレッジを使えば、

  • 必要証拠金を減らして取引ができる
  • 取引量を増やして取引ができる

などのメリットがあります。

たとえば、レバレッジ25倍なら、取引量を25倍に増やす、もしくは必要証拠金を25分の1に減らせます。

しかし、レバレッジ1000倍なら、取引量を1000倍に増やす、もしくは必要証拠金を1000分の1に減らせます。

レバレッジが大きいほど、少ない資金で大きな取引ができるわけです。

しかし、レバレッジをかけすぎると少しの値動きでもロスカットしてしまいますので、初心者はレバレッジの効かせすぎに注意しましょう。

海外FX初心者は取引ルールを守ろう

誰でも比較的簡単にはじめられる海外FX。

国内FX業者と違いハイレバレッジ可能なので、初心者でもはじめから100~1,000万単位の利益を得られる可能性もあります。

ただし、その分大きな損失を抱える可能性もあり、しっかりと資金管理することが重要です。

初心者におすすめしたいのが、いくら勝っても自分の取引ルールを変更しないこと。

はじめこそ慎重に取引しているものの、勝ってくると過信からつい大胆な取引をしてしまう方も多いようです。

しかし、海外FXでは取引資金やレバレッジの設定を少し読み違えただけで、一瞬にしてすべてを失う可能性もあります。

ゼロカットがあればマイナスにはならないものの、これまで順調に勝ち進めて貯まっていた資金がゼロになるのは悲しいでしょう。

海外FX初心者は損切り設定をしよう

通貨の値動きは経済状況や取引量に影響されます。

通常なら大きく値動きすることがありませんが、天災やテロ、大企業の倒産など、予期せぬ事態が起こると急な値動きが発生することもあります。

予期せぬ値動きのロスカットリスクは、逆指値の注文を入れておくことで防ぎましょう。

初心者のうちは、

  • 1度の取引での損失は2%以内
  • 1取引ごとに逆指値を入れ損切り設定をおこなう

など自分なりのルールを決めて損失を最小限にするのが大切です。

許容範囲で失敗を経験していくと、自分の勝ちパターンやFXへの理解が深まるでしょう。

海外FX初心者の業者の選び方

海外FX初心者の業者の選び方①追証なしのゼロカット制度のある海外FX業者を選ぶ

ハイレバレッジに欠かせないのが追証なしのゼロカットシステムです。

ゼロカットシステムは海外FXだけが導入しているサービスであり、 口座残高がマイナスになっても借金をゼロにしてくれるシステムです。

レバレッジを100倍、1000倍に取引していると、値動きに対応しきれず一瞬で口座残高がマイナスになってしまうこともあります。

国内FXだと、ロスカットが発動せずに口座の残高が借金になると、借金分は追証請求されて返済が必要になります。

例えば、10万円の口座残高で20万円の損失したとします。

  • 国内FX…口座の残高は-10万円。借金の-10万円は返済が必要。
  • 海外FX…口座の残高は0円。借金の-10万円は海外FXが立て替えてくれるので返済は不要になります。

海外FXでハイレバレッジが使えるのは、ゼロカットシステムがあるのも理由の1つと言えるでしょう。

海外FX初心者の業者の選び方②スプレッドの狭い海外FX業者を選ぶ

国内FX、海外FX限らず、口座開設する際はスプレッドの狭い業者を選びましょう

特に、1日に何度もエントリーし細かな利益を重ねる手法を取るトレーダーにとっては、スプレッドの狭さが重要。

スプレッドが狭いほど有利でしょう。

海外FX業者を選ぶときは、スプレッドと手数料の合計コストが安いところを選びましょう。

ただし、スプレッドと手数料の合計コストだけで海外FX業者を選んでしまうのはやや乱暴。

いくら手数料が安くとも損失が大きくなってしまうことがあるからです。そこで大切なのが、次に説明する約定力です。

海外FX初心者の業者の選び方③約定力の高い海外FX業者を選ぶ

スプレッドよりももっと重要なのは、海外FX業者の約定力。

とかくスプレッドばかりを注目しがちですが、いくらスプレッドが狭くても約定力が低いと意味がありません

世界的にFX業者で一番重要視すべきは約定力といわれているほどです。

ちなみに、約定とは注文が成立することを指し、約定力とはFX業者が注文を成立させる能力を指します。

約定力の高い業者を選ぶポイントはこの3点です。

  • 約定までの時間
  • 約定拒否の頻度
  • 注文時価格と実際に約定した価格の差(スリッページ・すべり)

少しややこしいかもしれませんが、これらのポイントを見れば海外FX会社の顧客注文に対する処理を判断できます。

もうひとつ注目すべきが注文方式。

OTC(オーバーザカウンター)方式、NDD(ノーディーリング)方式の大きく2つある注文方式のうち、NDD方式を採用している海外FX業者の方が約定力が高い傾向です。

海外FX初心者の業者の選び方④利用可能な通貨ペアの多い海外FX業者を選ぶ

初心者はドル円・ユーロ円など主流な通貨ペアを取引することをおすすめします。

しかし、ちょっとマイナーな通貨ペア取引をしたいと考えているなら、取り扱い通貨ペアの多い海外FX業者を選んでください。

海外FX業者の中には、ポンドフラン、オージーニュージーなど超マイナーといえる通過ペアを取り扱うところもあります。

さらに、金銀プラチナやNYダウ、S&P500、石油、日経平均といったCFD対応の海外FX業者もあり、大変魅力的です。

普段は主流な通貨ペア取引をしているトレーダーも、取り扱い通貨ペアの多い海外FX業者を選んで置くと、今後のトレードの幅が広がるでしょう。

海外FX初心者の業者の選び方⑤ボーナスが充実している業者を選ぶ

海外FXのボーナスには大きく2つあります。

  • 口座開設ボーナス…口座開設するだけでボーナスが受け取れる
  • 入金ボーナス…入金するだけで入金額50%から200%のボーナスが受け取れる

海外FXは最初に用意できる資金が少なくても、ボーナスを活用して取引資金に回せば、少ない資金でも取引ができます。

ボーナスの内容は各海外FX業者で異なるため、ボーナスの有無や内容も確認して海外FX業者を選びましょう。

海外FX初心者の業者の選び方⑥顧客サポート充実の海外FX業者を選ぶ

日本語サポートが充実した海外FX業者を選ぶことも重要です。

重視するポイントは、電話やメール、チャット、ウェブサイト、プラットフォームの対応が日本語であるかどうかです。

サポートの日本語対応は重要であり、トレードで予期せぬトラブルが起こった場合の対応速度も変わります。

英語が不安な方は日本語サポートが充実している海外FX業者を選ぶと安心です。

海外FXを利用している日本人は多く、完全日本語公式サイトの海外FX業者もあるので、言語の壁を気にする必要はありません。

海外FX初心者の業者の選び方⑦自動売買取引ができる

FXは環境を整えることで、自動売買取引を行うことができます。

海外FXの場合は、MT4と言う取引ツールを利用してFXをすることが多く、MT4なら自動売買取引のプログラムをインストールさせることで簡単に自動売買が可能です。

自動売買取引のプログラムは、インターネットを使って無料でダウンロードできるものもあります。

自動売買取引は機械的な取引を行うことができるため、トレーダーの心情が取引に入らないのもメリットです。

特に初心者は、損切を避けることや最小利益で決済させるなど、損失を嫌って思い切った取引ができません。

自動売買取引に任せておけば、市場にあった思い切った取引で利益を積み上げることができます。

海外FX初心者が注意すべきことと初心者の海外FX業者の選び方まとめ

海外FXの始め方

海外の業者でも日本語サポートがある会社なら口座開設から取引まですんなり進むことができます。

また、MT4を使ったことない初心者の方でもデモ口座からはじめれば、実際の取引で利益を得られるスキルを身につけられるでしょう。

海外の業者にはゼロカットという借金を負わなくていいシステムがあるので、FXを始めるなら借金のリスクがある国内FXより海外FXが初心者にはおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました