また今日もコンビニ飯?20,000円ボーナスもらって一発勝負!⇒

海外FXのNDD方式と国内FXのDD方式の違いは!?メリットデメリットを解説

海外FXのNDD方式と国内FXのDD方式の違いは!?メリットデメリットを解説海外FXの基本知識

FX取引でトレーダーの注文は、FX業者経由で取引市場にて売買されてます。

FX業者経由の処理方法はNDD方式とDD方式の2タイプで、海外FXではNDD方式、国内FXではDD方式が採用されていることが多いです。

両者には大きな違いがあり、取引の信頼性や透明性に深く関わるので、FX取引をする際は2タイプの処理方法について把握しておくべきでしょう。

そこで今回は、NDD方式とDD方式について詳しく説明します。

海外FX業者ではNDD方式が主流

FXにおけるDD方式とNDD方式とは

NDD(ノーディーリングデスク)方式とは、FX業者のディーラーが取引に関与しない方式です。

海外FXのほとんどがNDD方式を採用していて、FX業者はトレーダーからの注文を取りつぐだけで、注文はダイレクトにインターバンク市場に流されます。

トレーダーの注文がインターバンク市場にそのまま流れ業者が関与できないNDD方式は、業者が裏で取引操作できません

また、NDD方式採用の海外FX業者は注文を取りつぐ手数料としてスプレッドを主な収入源としています。

こうした理由から、NDD方式は透明性や信頼性の高い方式といえるでしょう。

NDD方式採用の海外FX業者は不正行為する手段がありませんし、万が一不正行為をおこなうとユーザー離れが進み、スプレッドによる手数料収入が減少してしまいます。

つまり、NDD方式採用の海外FX業者には、ノミ行為といった不正行為をする意味がないのです。

ノミ行為とはトレーダーからの注文をインターバンク市場にきちんと出さず、売買結果のみを知らせる行為を指します。

NDD方式のメリット①追証がない

NDD方式採用の海外FX会社では、追証なしゼロカットシステムを導入していることが多いです。

追証なしゼロカットシステムとは、ロスカットが間に合わなくて口座残高がゼロ円以下になったとしても、マイナス分の借金を請求しないシステムです。

なお、ユーザーに追証請求しなかったマイナス分はFX会社が肩代わりすることとなります。

NDD方式採用のFX業者の収入源は主にスプレッド。

ユーザーが追証請求により借金を負い今後の取引を前向きにできなくなることを考えれば、マイナス分を肩代わりしてでもユーザーに取引を活発にしてもらう方が、スプレッド収入を得られるのです。

追証なしのゼロカットシステムがあれば、ユーザーは借金を抱える不安がなく、思い切った取引を楽しめるでしょう。

NDD方式のメリット②スキャルピングOK

NDD方式採用のFX業者は、DD方式のFX業者では禁止事項であるスキャルピングOKということが多いです。

取引回数の増えるスキャルピングなら、スプレッド収入も増えるからです。

なお、スキャルピングは一回あたりの取引利益が小さいので、レバレッジをかけるケースが多く、ハイレバレッジかつNDD方式採用の海外FX業者ならではの取引手法でしょう。

NDD方式のメリット③透明性が高い

NDD方式採用のFX業者では、透明性の高い取引可能。

DD方式と比べてFX業者がトレーダーを負けにする意味がないからです。

むしろ、トレーダーにできるだけ勝ってもらい、より活発に取引してもらう方がメリットが大きいでしょう。

ですから、NDD方式のFX業者では、DD方式の業者にありがちな意図的なスリッページやレート操作がなく、安心して取引に集中できる環境です。

NDD方式のデメリット

NDD方式のデメリットは、DD方式と比較してスプレッドが広いことでしょう。

NDD方式ではユーザーの払う手数料が業者の収入となるため、ユーザーの損失を収入源とするDD方式と比べて、どうしてもスプレッドが広くなる側面があります。

ただし、たとえスプレッドが広くても、リクオートやスリッページが少ないのでスプレッド以外のコストはさほどかかりません。

トータルで考えると、スプレッドの狭いDD方式より約定力の高いNDD方式の方がコストは低くなるでしょう。

もし、NDD方式のスプレッドの広さを解消したいなら、スプレッド低めのECN口座を活用するのもあり。

取引手数料がかかるものの、DD方式より狭いスプレッドでの取引を楽しめます。

国内FXのDD方式とは

DD(ディーリングデスク)方式とは、FX業者のディーラーが取引に関与する方式で、国内FX業者が主に採用しています。

DD方式の場合、トレーダーからの注文は直接インターバンク市場に流れず、一旦は国内FX業者が注文を抱え、為替市場にてカバー取引と呼ばれる反対売買をおこないます。

カバー取引とは顧客取引の反対売買をして、ポジション(残高)を調整するための取引のこと

つまり、国内FXではトレーダーの直接の取引相手は国内FX業者ということです。

国内FX業者がトレーダーの直接の取引相手ですから、両者はお互い利益相反関係ということになります。

利益相反関係とは、業者が勝てばトレーダーが負ける、トレーダーが勝てば業者が負けるということです。

つまり、国内FX業者は自社の利益を追求するためにはユーザーに負けてもらう必要があり、ノミ行為を代表とする取引操作をおこなう可能性があります。

国内FXが行っている怖いカバー取引とは

DD方式下でのカバー取引とはリスクヘッジ取引のことです。

FX業者のディーラーが注文や相場の状況を見つつリスクヘッジを掛けて、なるべく利益を得られるチャンスを狙います。

反対に、自社に不利となる注文についてことで、自社が損するのを避けるのです。

DD方式採用の国内FX業者では、レートずらし、ストップ狩り、ロスカット狩り、スリッページ、システムダウンといったリスクを負う可能性があります。

DD方式のメリット

DD方式のメリットはスプレッドの狭さです。

DD方式下では、トレーダーの損失が業者の利益となりスプレッドの利益にこだわらなくてよいため、狭いスプレッドを提供できるのです。

スプレッドの狭さをウリにできるのはDD方式業者の特典といえるでしょう。

DD方式のデメリット①スリッページがある

スリッページとは、注文したレートより不利なレートで約定することでDD方式採用のFX業者で起こりやすい現象です。

もちろん急な為替変動により起こることもありますが、ほとんどの場合は業者がトレーダーを負かせるための意図的なスリッページです。

スリッページでのトレーダーの損失は、FX業者の利益になるからです。

中には、儲かっているユーザーや口座残高の多いユーザーをターゲットとして、スリッページを起こす悪質業者もあるようです。

DD方式のデメリット②追証がある

DD方式採用のFX会社は追証請求するのが一般的です。

DD方式は、トレーダーの売買注文がインターバンク市場に直結せず約定の裁量が可能となるため、システム内にて調整することで取引差益を得る仕組みです。

ただし、大きな相場変動が起こったときには、FX業者が追証を肩代わりすると損失が膨らみ会社存続の危機となりますから、トレーダーに追証請求するのです。

国内FX業者のレバレッジが低めに設定されているのは、追証の発生を軽減させるのが目的のひとつです。

DD方式のデメリット③スキャルピングが禁止である

DD方式採用のFX会社では、ほとんどの場合スキャルピング禁止としています。

リスクヘッジのためにカバー先に注文を流す相対取引。

スキャルピングのように短時間取引を繰り返す手法では、カバーが間に合わずにFX業者の損失が増えてしまうのです。

スキャルピングをしても負けているときはいいのですが、勝ちが続くと口座凍結などのペナルティを課せられることがあります。

FX取引するならNDD方式の業者を選ぶべき

海外FXのNDD方式と国内FXのDD方式の違いは!?メリットデメリットを解説

FX取引をするならDD方式ではなくNDD方式の業者がおすすめです。

DD方式の場合、トレーダーとFX業者はどうしても相反する関係となり、プラットフォームを持っている業者が有利になってしまいます。それを表しているひとるに取引ツールがあります。

NDD方式採用のFX業者はMT4やMT5といったプラットフォームを使っており、一方、DD方式の業者の多くが独自のプラットフォームです。

独自のプラットフォームを構築して提供するのにはそれなりにコストや手間がかかりますが、それでも業者が独自プラットフォームにこだわるのは、トレーダーが負けるよう細工できるからです。

DD方式のFX業者では、勝ちが続くと様々な難癖をつけられ出金拒否や口座凍結などのペナルティを課せられるケースもあるようです。

トレーダーと業者が敵同士になってしまうDD方式より、トレーダーと業者が味方同士になれるNDD方式の業者の方が、安全で安心して取引できるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました