また今日もコンビニ飯?20,000円ボーナスもらって一発勝負!⇒

レバレッジ5000倍のトレードのやり方・必要証拠金・スワップポイント手法

レバレッジ5000倍海外FXレバレッジ

レバレッジ5000倍は現在FXで利用できる最大レバレッジで、GEMFOREXのみが扱っています。

GEMFOREXの最大レバレッジはもともと1000倍ですが、5000倍レバレッジを使える口座がリリースされました。

5000倍レバレッジなんて怖すぎるというイメージですが、取引量を増やして大きな利益を狙うだけでなく、うまく使えば必要証拠金を減らしてより少ない自己資金での取引も可能です。

そこで今回は、レバレッジ300倍・400倍・500倍のトレードのやり方、必要証拠金の計算式、スワップポイント手法まで徹底解説します。

レバレッジ5000倍の特徴

レバレッジ5000倍を活用し取引量を増やせば、同じ値動きでも大きな利益が得られ、効率的に利益を増やせます。

レバレッジ1倍だと1pipsの値動きで10円の損益しか発生しませんが、レバレッジ5000倍だと1pipsの値動きで5万円の損益となります。

たとえば、自己資金10万円で取引する場合、レバレッジ5000倍で取引するとたった1pipsの値動きで元手の50%の利益を得られるチャンスもあります。

レバレッジ5000倍のトレード手法

5000倍レバレッジをかける取引では超短期売買手法がおすすめです。

ただし、スキャルピングでは、レートが少しでも逆行するとロスカットとなるのでレートの動きが安定しているタイミングで取引しましょう。

また、明らかなトレンドが発生しているタイミングで取引し小さな利幅を狙うのもおすすめです。

基本的に5000倍というハイレバレッジは長期トレードに不向きです。

レバレッジ5000倍の必要証拠金

レバレッジ5000倍の必要証拠金の計算をわかりやすくするために、レバレッジ1倍の必要証拠金の計算をしてみましょう。

必要証拠金の計算式はこちらになります。

必要証拠金=為替レート×取引量÷レバレッジ

例えば、ドル円が1ドル=100円のときにレバレッジ1倍で1ロット(100,000通貨)を購入するとします。

レバレッジ1倍の必要証拠金

ul>

  • 100円×1ロット(100,000通貨)÷レバレッジ1倍=1,000万円

レバレッジ1倍で1ロット(100,000通貨)を取引するには、1,000万円必要だということになります。

では、レバレッジ5000倍も計算してみましょう。

レバレッジ5000倍の必要証拠金

  • レバレッジ5000倍…100円×100,000通貨÷レバレッジ5000倍=2,000円

【ドル円のレバレッジ別の必要証拠金】

レバレッジの倍数1ロット(100,000通貨)の必要証拠金
1倍1,000万
2倍500万
3倍333万
4倍250万
5倍200万
10倍100万
25倍40万
50倍20万
100倍10万
200倍50,000万
300倍33,333円
400倍25,000円
500倍20,000円
888倍11,261円
1000倍10,000円
3000倍3,333円
5000倍2,000円

レバレッジ5000倍のスワップポイントの計算式

レバレッジ5000倍のスワップポイントの計算をわかりやすくするために、レバレッジ1倍のスワップポイントの計算をしてみましょう。

【レバレッジ1倍のスワップポイント表】

通貨レート必要証拠金スワップ(日)スワップ(年)年間利回り
ドル110円1,075,000円13円4,745円0.4%
トルコリラ16円157,500円65円23,725円15%
メキシコペソ5円475,000円100円36,500円7%

※ドル円とトルコリラは10,000通貨、メキシコペソは100,000通貨で計算

レバレッジ1倍のスワップポイントは、一日あたりドル円は13円、トルコリラは65円、メキシコペソは100円になります。

では、レバレッジ1倍と同じ必要証拠金を使った場合の、レバレッジ5000倍の1日あたりのスワップポイントを計算してみましょう。

レバ1倍レバ100倍レバ1000倍レバ5000倍
ドル円13円130円13,000円65,000円
トルコリラ65円650円65,000円325,000円
メキシコペソ100円10,000円100,000円500,000円

レバレッジ5000倍なら、スワップポイントも5000倍になります。

レバレッジ5000倍だと少しの相場変動でロスカットにかかる可能性があるので、長期保有しないといけないスワップポイントを狙った手法はやめておきましょう。

5000倍レバレッジのメリット

レバレッジが大きいほどリスクが高いイメージがありますが、5000倍レバレッジを活用し少ない証拠金で取引ができるメリット、ロスカットされづらいメリットもあります。

では、5000倍レバレッジのメリットを見ていきましょう。

①少ない証拠金で取引ができる

5000倍レバレッジの一つめのメリットは、少ない証拠金で取引できることです。

必要証拠金の計算式はレート×取引量÷レバレッジで、たとえば1ドル110円で1000通貨、25倍レバレッジを使って取引をするとなると、必要証拠金は110円×1000通貨÷25倍の計算で4400円です。

1000通貨の取引をするためは最低4400円以上の自己資金が必要ということです。

ですが、5000倍レバレッジだと2000円の必要証拠金で取引可能で、5000倍レバレッジを使えば必要証拠金を大幅に減らせるというわけです。

レバレッジを使わず大きな資金を準備するのと、レバレッジ5000倍を活用して少ない資金で取引するのでは、負けたときに失うお金も小さくなります。

②ロスカットされにくい

レバレッジが大きいほど証拠金維持率が高くなりますから、5000倍レバレッジの取引は、ロスカットされづらくなります。

ロスカットのラインである証拠金維持率の設定は業者により違いますが、証拠金維持率が20%~100%を下回るとロスカットになることがほとんどです。

ロスカットはもともとトレーダーの資金を守るための制度ですが、ロスカットが発動されると大きな損失が決定されてしまうのも事実です。

ロスカットにならないために高い証拠金維持率で取引することが重要で、そのために5000倍レバレッジを活用するのもありでしょう。

レバレッジ5000倍のデメリット

5000倍レバレッジのデメリットは、レバレッジを使って取引量を大きくしてしまったときに予想と反対方向にレートが動くと大きな資金をなくすことです。

1万円の資金にレバレッジ5000倍をかけ5000万円の証拠金にしてしまうとほんのちょっとの値動きでも元手1万円はいとも簡単になくなります。

ノープランで5000倍というハイレバ取引すれば、資金がいくらあっても足りないでしょう。

もちろん今だというチャンスのときには5000倍レバレッジをかけるのはアリですが、リスクを減らすため5000倍レバレッジは証拠金に減らすために使うのが賢明です。

レバレッジ5000倍でおすすめのスプレッドが狭い通貨ペア

5000倍レバレッジでの取引は、なるべくスプレッドの狭い通貨ペアを選んでください。

狭いスプレッドの通貨ペアは、円ドルやユーロドルなどの基軸通貨で、それ以外の通貨ペアで5000倍レバレッジをかけることはやめておきましょう。

また、たとえ基軸通貨でも早朝や経済指標発表時などスプレッドが広がりやすいタイミングでは5000倍レバレッジはやめておいてください。

5000倍レバレッジでの取引では、スプレッドの少しの差が取引資金に大きな影響を与えるので、できるだけ狭いスプレッドの通貨で取引することが大切です。

5000倍レバレッジ取引ではスプレッドの狭さが重要となり、わずか0.1pipsのスプレッドの違いが明暗を分けることさえあります。

通貨ペアによりスプレッドが異なるのは、通貨の流通量や流動性によるもので、流通量が多いほど取引が活発で1人あたりの取引が市場に与える影響が小さいです。

レバレッジ5000倍のトレードで避けるべき時間帯

5000倍レバレッジでの取引は、値動きの安定しているタイミングを狙い、値動きの大きくタイミングでエントリーをしないのが鉄則となります。

レートの動きが大きくなるタイミングとして代表的なのは、経済指標発表前後と早朝です。

経済指標とはその国の経済に関する指標であり、注文が殺到するためどうしてもレートの動きが大きくなりがちです。

さらに、スプレッドも広がりやすく、5000倍レバレッジだとスプレッドだけでロスカットということも考えられます。

また、午前6〜8時の早朝時間もレートの動きが大きくなりやすいです。

なぜ早朝にレートが動きやすいかというと、世界三大市場であるロンドン市場、ニューヨーク市場、東京市場がすべて閉まっているからです。

市場が閉まり市場参加者が少ないので1人あたりが市場に与える影響が大きく、予想外の値動きが発生しやすいのです。

なかでも月曜日の早朝は、他の曜日と比較しより値動きが激しくなりがちです。

土日に取引できなかった分、週明けの月曜日に注文が殺到しレートが激しくなります。

経済指標発表前後や早朝は5000倍レバレッジを使った取引をせず、もし取引するとしても数十倍程度までのレバレッジにとどめておきましょう。

レバレッジ5000倍でもGEMFOREXなら借金の心配はない

5000倍レバレッジは魅力だけど大丈夫かな、と不安に感じる方も多いかと思います。

海外FXでは証拠金維持率を下回るとロスカットとなりユーザーはマイナスを抱えない仕組みになっています。

でも、大きな値動きでロスカットが間に合わずマイナスを抱えてしまうケースもあります。

追証ありの海外FX業者だとこのマイナス分を業者に返済せねばならず、いくら5000倍レバレッジが使えても借金を抱えてしまっては意味がありません。

GEMFOREXだとゼロカットシステムを採用しているので、たとえロスカットが間に合わずにマイナスが出てしまってもユーザーはそのマイナスを負わずにすみます。

GEMFOREXなら借金のリスクなく、5000倍レバレッジを活用して思い切ったFX取引を楽しめるのです。

タイトルとURLをコピーしました