また今日もコンビニ飯?20,000円ボーナスもらって一発勝負!⇒

【LANDFXスプレッド】他業者と口座別・通貨ペア別にスプレッド比較

LANDFXは圧倒的な低スプレッドで大人気、海外FXスプレッド比較ランキングで第4位です。

国内FX並みの低スプレッドと言われているLANDFXですが、他の海外FX業者と比べて実際にどうなのか気になるところです。

そこで今回は、LANDFXのスプレッドを徹底比較!スプレッドが広がりやすい時間帯まで解説します。

LANDFXのスプレッドの特徴

LANDFXの口座タイプ

  • Live口座(STP口座)
  • 100%ボーナスPlus口座(STP口座)
  • ECN口座
Live口座100%ボーナスPlus口座ECN口座
USD/JPY0.90.90.9(0.2)
EUR/JPY1.51.50.9(0.2)
GBP/JPY1.91.91.3(0.6)
EUR/USD0.71.70.9(0.2)
GBP/USD1.21.20.4(1.1)
AUD/USD1.31.31.1(0.4)
()内はスプレッドのみ、()外はスプレッド+取引手数料

LANDFXは、業界トップクラスの低スプレッド、かつ、最大500倍のレバレッジで、スキャルピング取引におすすめの業者です。

ただ、スプレッドが急に広がるという口コミもあるようです。

LANDFXのTP口座とECN口座を比較すると、STP口座の方が、スプレッドが広くスプレッドの焦点を当てるとECN口座の方がいいのではと感じるでしょう。

しかし、ECN口座では別途取引手数料が必要で、取引手数料とスプレッドを足すと結局、STP口座のスプレッドとほぼ変わらないというケースもあります。

また、100%ボーナスPlus口座とLive口座については、スプレッドや取引条件はほぼ同じで、ボーナスの有無により取引コストが少し違ってきます。

Live口座にはキャッシュバックとリカバリーボーナスがあるものの入金ボーナスやイベントボーナスはありません。

ボーナスは証拠金として使えるため、とくに取引をはじめた最初のうちはLPボーナス口座を開設してボーナスを活用するのがおすすめです。

LANDFXのECN口座では1ロット7ドルの往復手数料が発生し、これをpips変換するとスプレッドと合算して計算できます。

ちなみに、ECN口座にはボーナスがなく、取引をはじめた最初のうちはボーナスをスプレッドに補填できるSTP口座の方お得かもしれません。

【STP口座】LANDFXと他業者のスプレッド比較

LANDFXのSTP口座であるLive口座と、他業者のSTP口座を比較してみました。

LANDFXGEMFOREXXMTITANFX
USD/JPY0.91.61.61.3
EUR/JPY1.51.71.51.3
GBP/JPY1.92.13.52.45
AUD/JPY2.51.63.02.4
EUR/USD0.71.61.61.2

【ECN口座】LANDFXと他業者のスプレッド比較

LANDFXのECN口座と、他業者のECN口座を比較してみました。

  • 取引手数料込みのスプレッドで表示
  • 取引手数料は往復の手数料
AXIORYGEMFOREXXMTITANFX
USD/JPY0.90.31.10.68
GBP/JPY1.31.02.11.75
EUR/USD0.90.31.10.55

LANDFXのスプレッドが広がる時間帯のスプレッド比較

スプレッドが広がりやすい時間帯のスプレッドを比較してみます。

  • 早朝…3大市場が閉まっている時間帯
  • 休み明け…休み明けの月曜日の早朝
  • 経済指標発表…雇用統計やFRB金融政策発表
早朝休み明け指標発表
USD/JPY1363
EUR/JPY20147
GBP/JPY562512
EUR/USD1463

LANDFXのスプレッドが狭い理由

LANDFXのスプレッドは、ほか業者と比べてかなり低めで、これはスプレッド幅のある変動スプレッドを導入しているからです。

相場が安定しているなら狭いスプレッドで取引ができますが、早朝や窓空け、経済指標発表時など相場が不安定な場合にはスプレッドの広がり方が大きくなり、相場変動に弱いと言えます。

さらに、サーバーが不安定で大事な時に取引強制停止になるケースもあるなど、少し注意も必要です。

平均スプレッドは狭いのですが、いつも安定しているわけではなく極めて相場が安定している時のみ狭いスプレッドで取引できるというのが実情です。

サーバーが安定しる上に平均スプレッドももっと狭いGEMFOREXの方がおすすめでしょう。

【LANDFXスプレッド】他業者と口座別・通貨ペア別にスプレッドを徹底比較まとめ

LANDFXは平均スプレッドこそ狭めですが、サーバーが不安定ですしスプレッドが変動しやすいというデメリットがあり安心感がありません。

とくに早朝、経済指標発表時、窓空け時のスプレッドの広がり方は異常と言っても過言ではありません。

また、ゼロカットシステムの追証を受けるのに申請も必要です。

スプレッドの狭さだけでなく、サーバーの安定性など視野を広く業者を選びましょう。

タイトルとURLをコピーしました