外壁塗装について知っておかないと失敗する事

外壁塗装を劣化したまま放置していませんか?外壁塗装に関しては注意しないといけない事はたくさんあります。ここでは外壁塗装にまつわる事で注意しないといけない事について知りましょう。

外壁塗装は定期的にするべき理由

外壁塗装が劣化しているままで放置しておくのは良くありません。例えば前回の工事から10年以上たっているにも関わらずに、何もしていない人などもいます。これでは確実に家をむしばんでいきます。

ひび割れやチョーキング現象、苔、カビなど劣化現象がたくさん出てきます。基本的に外壁塗装は10年以上何もしないで放置していると、紫外線や雨風の影響を受けて外壁上の劣化を繰り返し、保護されていない状態の外壁がむき出しの状態が続きます。

格安業者にお願いするのは考え直す

外壁塗装の工事を業者に依頼する事はできます。そして中には他の会社よりも明らかに格安で引き受けてくれる所があります。普通なら70万円から80万円程はかかるであるはずの工事にも関わらずに、30万円しかかからないと宣伝している業者もあります。

外壁塗装の工事は通常であれば、高額になるにも関わらずに、格安で引き受ける事ができる業者には裏があります。それは安くする代わりに必要な工程をしっかりとしていない事があるのです。

外壁塗装を格安でします、という業者は例えば大量仕入れによって材料費を安く抑える事に成功している、訪問営業などをせずに人件費をかけていない、なども安くできる理由になります。ですがこれだけではそこまで安くなる理由としては足りません。

ですから、他にも足場のレンタル費用を安く抑える事が目的で施工期間を短くする。塗料を薄くする事で塗料にかかる費用を安くしている。資格などのないアルバイトに塗装をさせて人件費を抑えている。

業務用の高圧洗浄機を使わずに、家庭用の高圧洗浄機を使用しているなどです。業者も当然ビジネスでしているのですから、格安でしても利益が出るように計算しています。そこで削られる費用はたくさんあるのです。

このような業者にお願いしていたら、塗装は10年は持ちません。もっと早い段階で再び塗装をしないといけなくなります。

部分的な補修はお勧めできない

外壁塗装をする時には普通は外壁と屋根を合わせて工事します。そうすれば足場代などをまとめる事ができる事から、費用を抑える事ができるためです。もしも、外壁のみの塗装や屋根だけの塗装をするならば、外壁工事のために足場を組んで、屋根の寿命が迫った時には、屋根のみの塗装をするために足場を組まないといけません。

これでは費用は2倍かかる事になります。したがって外壁と屋根の塗装は同じ時期にする方が節約になります。外壁塗装において気を付ける事は複数あります。失敗して後悔しないようにここに挙げた事も頭に入れておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました