また今日もコンビニ飯?20,000円ボーナスもらって一発勝負!⇒

フルレバレッジは危険!?フルレバと全力買いとハイレバレッジとの違い

フルレバレッジトレードとは、フルでレバレッジを効かせたトレードのことで、略称「フルレバ」と呼ばれています。

全力トレードとは、証拠金いっぱいにレバレッジを効かせたトレードのことです。

掲示板やTwitterでは、

  • フルレバで死にました
  • 全力買いいきま~す
  • フルレバショートで一発勝負

など盛り上がっていますが、フルレバレッジと全力はどちらが危険なのでしょうか?

また、ハイレバレッジとは何が違うのでしょうか?

そこで今回は、フルレバと全力の疑問について解説していきます。

フルレバレッジとは!?フルレバ手法を解説

フルレバレッジとは、FX業者の最大レバレッジを活用してレバレッジをかける手法です。

最大レバレッジ25倍の国内FXなら、25倍のレバレッジをかけて取引することがふルレバレッジトレードとなり、24倍までのレバレッジ取引はフルレバレッジとは呼びません。

海外FXではレバレッジ制限がありませんので、各業者により最大レバレッジが異なるので業者によってフルレバの数字が変わります。

  • 最大レバレッジ25倍の国内FX業者 ⇒ フルレバは25倍
  • 最大レバレッジ1000倍の海外FX業者 ⇒ フルレバは1000倍

1000倍レバレッジの業者で500倍のレバレッジをかけた場合、国内よりずっと高いレバレッジではありますが、フルレバレッジとは言いません。

  • フルレバロングとは、買いポジションをフルレバレッジで持つこと
  • フルレバショートとは、売りポジションをフルレバレッジで持つこと

フルレバロングで一発勝負というのは、フルレバレッジをかけて買いで勝負することのようですね。

全力買い・全力売りとは

全力とは証拠金いっぱいいっぱいにレバレッジを効かせてトレードすることです。

  • 全力買い…全力で買うこと
  • 全力売り…全力で売ること

フルレバとどちらが危険といいますと、証拠金いっぱいにレバレッジをかけていた方が明らかに危険です。数秒後にはロスカットされるような世界です。

フルレバはレバレッジの数字にもよりますが、25倍の業者のフルレバだったら25倍がフルレバになりますので、25倍だと証拠金があれば大したことありません。

全力はレバレッジの数字に関係なくいつでもフルフルに危険な状態です。

フルレバレッジとハイレバレッジの違い

FXのレバレッジ関連の用語としてフルレバレッジとハイレバレッジがありますが、両者は意味が違います。

フルレバレッジとは、そのFX業者でかけられる最大レバレッジを意味し、ハイレバレッジは相対的に高いレバレッジを意味します。

どのくらいのレバレッジがハイレバレッジかというはっきりしたルールはありませんが、一般的には100倍を超えればハイレバレッジと呼ばれることが多いでしょう。

たとえば、最大レバレッジ1000倍の業者Aと500倍の業者Bがあったとして、500倍のレバレッジをかけた場合、業者Aではハイレバレッジ、業者Bではフルレバレッジとなります。

ちなみに、フルレバレッジはフルレバ、ハイレバレッジはハイレバと略されることも多いです。

フルレバでスキャルピングするとどうなる?

海外FXでの人気トレードスタイルとしてスキャルピングという手法があります。

スキャルピングとは、数秒から数十分単位でポジションを持っては決済することを何度も繰り返す手法です。

1回あたりの利益は1〜10pipsと小さいのですが、ここにレバレッジをかけると利益が大幅にアップします。

しかも、海外FX業者はスキャルピングOKのところも多く、フルレバ×スキャルピングの組み合わせが最強です。

なお、フルレバ×スキャルピング取引は、あまりに高いレバレッジだとポジションを持った時点でロスカットのリスクがアップするので注意してください。

ポジションを保有した時点ですでにスプレッドの含み損が1~3pipsほどになっており、レートが5ちょっと逆行するだけでロスカットのラインに引っかかってしまうこともあります。

一般的には、100~500倍くらいのレバレッジがスキャルピングに向いているのではないでしょうか。

フルレバレッジトレードのメリット

海外FXでフルレバ取引するメリットはなんでしょう。

フルレバレッジは、少ない自己資金で取引できますし、大きなポジションやロスカットのリスクが小さいです。

では詳しくフルレバレッジのメリットについてご説明いたします。

少額の資金でトレードができる

フルレバレッジトレードのひとつめのメリットは、証拠金を減らせ少額で取引できることです。

レバレッジが10倍なら必要な資金は10分の1、レバレッジが1000倍なら必要な資金は1000分の1ということです。

レバレッジを一切使わず100万の資金を用意するのなら、1000倍のフルレバレッジで1000円の方が、リスクが少ないのではないでしょうか。

フルレバトレードはとくに自己資金の少ないトレーダーに魅力的な手法です。

大きなポジションが持てる

フルレバレッジのふたつめのメリットは、大きなポジションを持てることでしょう。

たとえば、1ドル100円、10万円の自己資金として、レバレッジを使わない場合に保有できる通貨量は10万円÷100円の計算で1000通貨となり1円の値動きで1000円の利益です。

一方、レバレッジ1000倍の場合、保有できる通貨量は10万円×1000倍÷100円の計算で100万通貨となり1円の値動きで100万円の利益となります。

同じ必要証拠金であればレバレッジが大きくなるほど保有できる通貨量が大きくなるので、利益が大きくなりますし、逆に損失も大きくなります。

ただし、ほとんどの海外FX業者では追証なしゼロカットシステムを採用していますので、フルレバレッジで取引量を増やしても借金のリスクはありません。

フルレバレッジトレードのデメリット

口座残高でフルレバレッジが変わる

最大レバレッジ1000倍の業者におけるフルレトレードとは、1000倍レバレッジをかけて取引することです。

ただし、多くの海外FX業者では口座残高によりかけられる最大レバレッジが変わるため、口座残高の増減によりフルレバレッジの数字は変わります。

たとえば、最大レバレッジ400倍の業者Aの場合、口座残高100万円~200万円なら最大レバレッジ300倍、口座残高200万円以上で最大レバレッジ200倍というルールがあります。

いくら最大レバレッジ400倍でフルレバトレードしたいと思っても、口座残高100万円以上になると最大300倍のレバレッジしかかけられません。

レバレッジ制限を受けないようにするには、あらかじめ口座から出金して口座残高を減らしておくとよいでしょう。

資金管理が難しい

フルレバレッジは怖い、というイメージを持つ方が多いようですが、実は、資金管理さえしっかりしていればそれほどリスクは高くありません。

FX取引に必要な必要証拠金は、レート×取引量÷レバレッジの計算式から算出できます。

たとえば、最大レバレッジ1000倍、レートが1ドル100円、取引量が1万通貨なら、レバレッジを使わないと100円×1万通貨÷レバレッジ1倍の計算で100万円、フルレバレッジを使うと100円×1万通貨÷レバレッジ1000倍の計算で1000円となるのです。

つまり、レバレッジが大きければ大きいほど、必要証拠金が少なくて済み、取引量は変わりませんからレバレッジを使っても利益と損失は同じです。

どちらの場合も、1円の値動きで1万円の増減となります。

ただ、1000倍レバレッジで取引していると10pips負けた時点で証拠金1000円がすべてなくなってしまいます。

ドル円の場合1日に1円前後は動きますから、だいたい1~3万円くらいの資金を用意しておく対策が必要です。

フルレバレッジを使うと元手を減らせるのですが、ちょっとした値動きでも元手がゼロになってしまうので、資金管理を徹底しましょう。

フルレバトレードはリスクを管理してトレードすれば夢のある取引方法

フルレバレッジとよく似た言葉としてハイレバレッジがありますが、ハイレバレッジとはレバレッジ制限のない海外FXで高いレバレッジをかけることを指します。

何倍からがハイレバレッジという具体的なルールはないものの、一般的に100倍以上かけるとハイレバレッジと呼ばれることが多いでしょう。

最大レバレッジ1000倍の業者で、1000倍のレバレッジをかければフルレバレッジ、100~999倍ならハイレバレッジということです。

国内FXのように最大レバレッジが小さくとも最大レバレッジをかければフルレバレッジと呼ばれるため、フルレバレッジが必ずハイレバレッジというわけではありません。

ただ、概ね最大レバレッジの高い海外FXの場合は、フルレバレッジはハイレバレッジになるでしょう。

フルレバレッジトレードにおすすめの海外FX業者

フルレバレッジトレードで利益を得るために重要なのは海外FX業者選びです。

FX業者を選ぶポイントは、ハイレバレッジ、追証なしゼロカットシステム採用、日本語サポートの充実、口座開設ボーナスの4つです。

そして、これら条件を満たすのがGEMFOREXです。

GEMFOREXでは、どの口座タイプでも最大1000倍レバレッジ、なかには5000倍レバレッジの口座もあります。

追証なしゼロカットシステムも完備、口座残高0円を下回ると手続き不要で自動的にマイナス分が補填されます。

また、GEMFOREXは日本人が設立した法人であり、日本語対応がかなり充実していて安心です。

さらに、口座開設すれば1〜3万円のボーナスをもらえますから、もらったボーナスを元手にフルレバレッジトレードにチャレンジしてもよいでしょう。

フルレバトレードに最適な条件の揃ったGEMFOREXは、初心者から上級者までおすすめの海外FX業者です。

レバレッジを使ったトレードとしてトレーダーの興味をそそるのがでしょう。

フルレバレッジトレードのことを詳しく知りたい、不ルレバレッジトレードをしてみたいけどなんだか不安、などフルレバレッジに関する疑問をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

フルレバレッジトレードは、仕組みさえしっかり把握しておけば、低リスクでハイリターンを得るチャンスがあります。

フルレバレッジは危険!?フルレバと全力買いとハイレバレッジとの違いまとめ

海外FXでフルレバをかければ自己資金が少なくても大きなロットを持つことができ、たとえ1万円の自己資金でもフルレバなら短期間で利益を得られるチャンスが大きいです。

ただし、フルレバトレードは適切に資金管理しないと、いくら資金があってもすぐに不足してしまいます。

なぜなら、ロット数が大きい分ロスカットしやすく一回あたりの損失が大きくなるからです。

フルレバトレードするなら、追証なしゼロカットの海外FX業者を選んでください。

GEMFOREXなら最大レバレッジ1000倍の上、追証なしゼロカットシステム採用なので、借金のリスクがありません。

タイトルとURLをコピーしました