また今日もコンビニ飯?20,000円ボーナスもらって一発勝負!⇒

【FBSスプレッド】他業者と口座別・通貨ペア別にスプレッド比較

FBSのスプレッドの評価は、海外FXスプレッド比較ランキングで第10位です。

FBSの最大レバレッジは3000倍で業界トップクラスです。

ハイレバレッジ×スキャルピングが人気のFBSですから、スプレッドの狭さは気になるところです。

そこで今回は、FBSのスプレッドを徹底比較!スプレッドが広がりやすい時間帯まで解説します。

FBSのスプレッド比較

FBSには5つの口座タイプがあります。

FBSの口座タイプ
  • スタンダード口座(STP口座)
  • セント口座(STP口座)
  • マイクロロ座(STP口座)
  • ゼロスプレッド(STP口座)…取引手数料がかかる
  • ECN口座…取引手数料がかかる
スタンダードセントマイクロゼロスプレッドECN
USD/JPY2.02.03.02.0(0)0.9(0.3)
EUR/USD1.11.13.02.0(0)0.6(0)
EUR/JPY3.03.04.03.0(0)1.1(0.5)
GBP/USD3.03.03.03.0(0)1.1(0.5)
GBP/JPY4.04.07.08.0(0)1.7(1.1)
()内はスプレッドのみ、()外はスプレッド+取引手数料

【取引手数料有料】ゼロスプレッド口座・ECN口座

ECN口座は、往復6ドル(0.6pips)取引手数料がかかる代わりにスプレッドが狭い口座になっています。

ゼロスプレッド口座も、スプレッドゼロでお得なイメージですが、実は結構高めの取引手数料が設定されているので、取引手数料無料のSTP口座と結局大差がありません。

ただし、スプレッドゼロに固定されているので、スプレッドが広がる心配がないのがメリットです。

ECN口座はどの口座タイプよりスプレッドが狭いのがメリットですが、最大レバレッジ500倍と制限されており、また注文可能最小ロットがほか口座タイプより高めです。

【取引手数料無料】スタンダード・セント・マイクロ口座

マイクロ口座のみ固定スプレッドを採用しているので広めになっています。

スプレッドの狭いタイミングに取引する、「ハイレバレ×スキャルピングで利益を得ている」など取引回数が多いのトレーダーは、スタンダード口座もしくはセント口座がおすすめです。

逆に、経済指標発表前後などレート変動の激しいタイミングに取引したい方には、固定スプレッドのマイクロ口座が良いでしょう。

【STP口座】FBSと他業者のスプレッド比較

FBSのSTP口座であるスタンダード口座と、他業者のSTP口座を比較してみました。

FBSGEMFOREXXMTITANFX
USD/JPY1.51.61.61.3
EUR/JPY2.01.71.51.3
GBP/JPY2.52.13.52.45
AUD/JPY1.63.02.4
EUR/USD1.11.61.61.2

【ECN口座】FBSと他業者のスプレッド比較

FBSのECN口座と、他業者のECN口座を比較してみました。

  • 取引手数料込みのスプレッドで表示
  • 取引手数料は往復の手数料
FBSGEMFOREXXMTITANFX
USD/JPY1.40.31.10.68
GBP/JPY1.51.02.11.75
EUR/USD1.90.31.10.55

FBSのスプレッドが広がる時間帯のスプレッド比較

スプレッドが広がりやすい時間帯のスプレッドを比較してみます。

  • 早朝…3大市場が閉まっている時間帯
  • 休み明け…休み明けの月曜日の早朝
  • 経済指標発表…雇用統計やFRB金融政策発表
早朝休み明け指標発表
USD/JPY108.21.8
EUR/JPY2018.05.2
GBP/JPY202012
EUR/USD65.61.6

FBSのスプレッドが広い理由

FBSのスプレッドは、ユーロ/ドルこそ狭いですが、それ以外の通貨ペアは平均より広めで、これはプロモーションコストによるものです。

FBSでは口座開設ボーナスや入金ボーナスなど豪華なボーナスを提供しており、これらボーナスのコストがスプレッド頼りだからです。

口座タイプにより変動スプレッド、固定スプレッドが設定されており、変動スプレッド口座は、早朝や窓開け、経済指標発表時にスプレッドが大きく広がるよう、市場に敏感です。

FBSは相場変動に弱く、安定して低スプレッドでの取引をおこないたいトレーダーには物足りない業者ですが、相場が完全に安定しているなら、そこそこのスプレッドで取引できるでしょう。

【FBSスプレッド】他業者と口座別・通貨ペア別にスプレッドを徹底比較まとめ

3000倍レバレッジが魅力的なFBSですが、スプレッドに関してはほかと比べて広めです。

ハイレバレッジを存分に活用できるのは、狭スプレッド×スキャルピング取引ですから、FBSではスプレッドの広さが足を引っ張るでしょう。

ハイレバレッジかつ狭いスプレッドでの取引をしたいなら、GEMFOREXがおすすめです。

日本語サポートが不十分なFBSと違い、経営陣に日本人も多く在籍するGEMFOREXなら国内トレーダーも安心です。

スプレッドの狭さを含め総合的なバランスを考えるとFBSよりGEMFOREXの方をおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました