海外FXはレバレッジ規制がないのでチャンスを掴めるかも

海外FXの最大のメリットというのはどこにあるのか、といえば日本の国内法が適用されないということです。

そもそも海外の業者で、海外のサーバーにアクセスして取引をしているわけですから、これは当然であるといえるでしょう。

具体的にどこが注目したいといえばレバレッジでしょう。どのくらいの自己資金の倍率で取引ができるのか、ということがポイントになりますが、日本では規制があって25倍までです。

海外ではそうした規制がありませんから、取引をするときに物凄く大きなレバレッジやることができることもあります。

そして、これが最も大きなことであり、重要でもあるのですが海外FX業者では追証なしのゼロカットシステムをやっているところが多いです。

FXではどんなことが怖いのか、といえばなんといってもやはり投資金額以上に損を出して借金を負うことでしょうが、ゼロカットシステムではそうしたことはないです。

0にはなりますがマイナスまではいくことがないです。ちなみにそういうシステムならばやってみたいと思う人も多いでしょうしどうして日本の業者ではそういうところができないのかということなのですが実は日本では追証をしなければならないということにはなっています。

つまりは、日本ではどうしてもできないシステムということになるわけで海外の外国為替証拠金取引をする利点の最大のところとしてこれを挙げる人が多いのは日本ではできないからです。

これは必ずしも海外の方が優れているというわけではないのですが海外のFX業者の場合は結構取引ツールが共通していることが多いです。

ですから業者ごとの取引ツールが異なる日本とは違っていて使い方を覚えることにあんまり苦労しないということがあります。色々なな業者を試してみる、ということのハードルが低いと言えるでしょう。

ロスカットに関しても基準が結構低く設定されていることが多いので長くポジションを持つということに向いているのも特徴といえる部分となります。

メリットも多いですが負担が大きくなる部分というのも結構あったりします。海外の業者ということになりますから、どうしても様々な手数料においてコストがかかりやすくなってしまうという側面があるわけです。

海外FXではほとんどの場合、海外銀行送金という形になります。ですから、手数料がかかるということもありますし時間もかかる可能性があるので注意しておきましょう。

手数料に関してはまとめて行うということで少しは削減することはできるでしょうからちびちびとやるというよりは一気にドカンと資金を入れたりあるいは出したりというようなことをするというのが、やり方としてはお勧めできます。

海外だからといってすべて英語での取引をしないといけないわけでもないです。日本語対応しているところも多いです。

ですから、割りと言葉の壁とかは感じることは決して多くはないことでしょう。使いやすいところも多いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました