外壁塗装リフォーム工事の事まで考えてマイホームを建てるのがベスト!

憧れのマイホームを建てる時は、その後のリフォームの事まで考えた上で建てる人はなかなかいないですよね。

マイホームを建てる時は例えばハウスメーカーの担当者が進めてくる材質を使ったり、その時主流の屋根材だったり外壁塗装の種類で選ぶのが普通だと思います。

しかし、夢のマイホームも住み始めるとあっという間に数年が経ち、10年が過ぎ…本当に驚くほど早くリフォーム工事を考えなければならない時期がくるのです。

例えば屋根材にしても、瓦の場合とスレート屋根材の場合で、持ちやリフォームまでの期間がかなり変わってきます。

外壁塗装にしても同様です。吹き付けタイプの塗装なのか、パネルを貼り合わせてできた壁なのか、ローラー工法で塗った壁なのか。その種類によって一番最初のリフォーム工事時期が決まってきます。

マイホームを建てる時に、ハウスメーカーの担当者からリフォーム時期についての説明はあると思いますが、例えば10年後と言われても10年なんて恐ろしく先の事だなと思うものですが、実際は10年なんてあっという間なのです。

その事を踏まえてマイホームを建てるのが一番理想的なのでしょうが現実は予算の兼ね合いや見た目の好み等もありなかなかそこまで気が回らないのです。

外壁塗装工事の業者選びはどうやって決めたらいい?

いざ屋根や外壁塗装のリフォーム工事をやろう!と思い立っても、どこの業者に頼んだらいいのか非常に迷います。

マイホームを建てた時にお世話になったハウスメーカーに頼むのが一番簡単ですが、これはあまりお勧めできません。

なぜならハウスメーカーが一番得意とするのは「新築で家を建てること」だからです。リフォーム工事も頼めばもちろん引き受けてくれるでしょうけど、ほとんどのハウスメーカーはリフォーム工事の場合は下請けとして提携している別会社に委託する形をとります。

下請けの会社との間には当然マージンが発生しますので、このマージンを依頼主が負担することになってしまい余計に費用がかかるのです。

家を建ててくれたハウスメーカーというだけでとても安心感を感じられるでしょうが、リフォーム工事にかかる費用は決して安いものではないので、この点をよく考えてから決めたほうがいいでしょう。

外壁塗装などのリフォーム工事はやはりそれを専門でやっている会社に頼むのが無難でしょう。

星の数ほどある業者からどうやって絞り込む?

屋根・外壁塗装専門でやっている業者といっても星の数ほどあります。本当に驚くほどたくさんあって迷ってしまうことでしょう。

ではたくさんの業者の中からどうやって絞り込めばいいのでしょうか。

まずは新聞折り込みのチラシをリサーチすることをお勧めします。1ヵ月くらいかけて集めればけっこうたくさんのリフォーム業者のチラシが集まることでしょう。

一概には言えませんが、避けたほうがいいのは飛び込み営業してくる業者です。中には良心的な業者もあるのかもしれませんが、飛び込み営業の業者はなるべくやめておいたほうがいいでしょう。

折込チラシなどで自分で情報収集したうえで、自分が「良さそうだな」と感じる業者を3つほど選びます。

そして必ず見積もりは3社以上の相見積もりを取ることをお勧めします。私の経験上、屋根・外壁塗装リフォーム工事の業者ごとの見積もりは、かなりの開きがあったのです。

なぜ業者によって同じ内容の見積もりに金額の開きが出てしまうのでしょうか。それは様々な要因が複雑に絡みあってのことなので、一概に安いほうがいいとも言えないのです。

おおよその相場に対してあまりにも安い業者はやめておいたほうがいいでしょう。安すぎるという事は、どこかで必ず帳尻合わせをしているのです。

手抜き工事をされる恐れもあります。業者選びはとての悩むと思いますが、この作業をいい加減にしないのが、リフォーム工事を満足がいくものにするコツです。

外壁塗装の業者探しは色々な方法で行おう

大きな金額となる外壁塗装は、業者を探すだけでも一苦労であり、実際に探してみるとその数の多さに驚かされます。

日本における外壁塗装は、どの業者であっても自由に行える事業だから、ホームページなどで宣伝をしているから安心というわけではありません。

何もノウハウがない業者や、最初からずさんな工事をする気の悪徳業者に引っかかってしまうと、深刻なトラブルに巻き込まれてしまうので、必ずその業者の信用調査もしておきましょう。

業者探しの方法は、昔ながらの電話帳で外壁塗装の項目を探すか、インターネット上で検索するのがお勧めです。

前者の電話帳も、なかなか侮れない方法でして、ホームページを開設していない地元業者についてもカバーできます。

後者のインターネットは玉石混交ではあるものの、きちんと運営している会社の情報をチェックしておけば、明らかに怪しい業者については除外することが可能です。

目立つキャッチコピーを前面に押し出しているホームページもあれば、簡潔にほぼテキストだけで説明しているホームページもありますが、分かりやすくて綺麗だから工事も丁寧とは限りません。

職人気質の業者の中には、インターネットより地元のつながりで仕事を取っているところもあるので、電話帳といったアナログな方法も取り入れましょう。

訪問販売の営業マンには要注意

個別訪問をしてくる営業マンは、どの業界にも見られる存在ですが、外壁塗装を扱っていることが多いです。

訪問販売の営業マンに外壁塗装を勧められた場合は、基本的に断った方が賢明であり、それ以前に応対しないことが最適解になります。

なぜ訪問販売では外壁塗装を依頼してはいけないのかと言うと、それは高い確率でいいかげんな工事をされるからです。

外壁塗装を実際に行っている業者では、わざわざ営業マンを雇って、需要があるのかも分からない家を1つずつ回らせるような、非効率的な営業方法は選択しません。

つまり、訪問販売をしている時点で、どこかから営業だけ引き受けた業者であることがほぼ確定です。営業中は調子の良いトークばかりしますが、いざ契約が済んだら、その後の連絡がつかないというのが典型的なパターンです。

本来の見積もりは、プロがしっかり計測しながら全体を見て、ようやく計算できるものです。それをいきなり訪ねてきた営業マンがパパッと出せる時点で、まともに外壁塗装をする気がないことが明白と言えます。

訪問販売の営業マンに任せるような塗装業者は、やはり同類であることが多く、中には足場を組んだまま放置されて、追加料金を請求されたという事例まで見られます。

まともな施工をしている業者では、依頼されてもいないのに訪ねてくることはないと理解して、悪徳業者に引っかかる可能性を少しでも減らしましょう。

ご近所の実例を参考にしよう

一番確実で信用できるのは、普段から挨拶を交わしているご近所で、外壁塗装を実施した業者を選ぶことです。

施工から5年以上の時間が経っていると、業者の質が良く分かって、なおグッドになります。

自分たちの仕事ぶりが認められたことでやる気が出ますし、営業エリアとしても問題がないので、安心して依頼できます。

その地域共同体で経験済みの業者であれば、外壁塗装における足場組みの金属音や、高圧洗浄の機械音と水の音といった、様々な騒音についても許容されやすいメリットがあります。

ご近所から理解してもらえる外壁塗装はなかなか難しい問題だから、イメージが良くて、その地域に詳しい業者を選ぶことは重要です。

工事当日には、どの業者も隣接している住宅には挨拶に行きますが、すでに見知っている業者の方がスムーズになります。

自宅が営業エリアの範囲内にあるかどうかは、外壁塗装のクオリティにも関係してくる要素でして、業者は機材などを保管している事務所からトラックで現場に向かうので、移動距離が長くなるほど施工する時間が減ってしまうのです。

そのため、営業エリアとして実績があることを確認できているのは、業者選びにおいて高評価になります。

タイトルとURLをコピーしました